民事再生は債務の返済が困難な人を救済する目的でつくられた法律です。手続きは定められた通りに行う必要があります。

身近な法律制度 民事再生法について

身近な法律制度 民事再生法について

民事再生に関しては法律で定められています

民事再生とは債務整理の方法の一つで、債務が多くなり返済の見通しが立たなくなってしまった人を救済する目的でつくられたものです。民事再生は、会社などが行うものの他に、個人でも行うことができます。民事再生の申し立てを行って認められると、債務の何割かを免除してもらうことが可能です。ただし、民事再生が認められるには、債権者も関わってきます。反対する債権者が一定条件以上いると、認められないこともあります。しかし、民事再生ではある程度の資金回収が可能となるため債権者の同意が得られやすいという特徴もあります。

返済を免除された後、残った債務は計画に沿って返済をする義務があります。自己破産ではほとんどの債務の返済義務が免除されますが、仕事に制限を受けたり、住宅などの資産は処分されます。それに対し、民事再生では、債務の返済はある程度残りますが、資産を処分する必要もなく、仕事も特に制限は受けません。ただし、自己破産と同様に官報に氏名が載るため、一定期間金融機関で借入ができなくなることが多いようです。このように、一部の借金の返済が免除されるのが民事再生です。手続きは法律に定められた通りに行う必要があります。相談は司法書士や弁護士などにするとよいでしょう。

関連リンク

Copyright (C)2017身近な法律制度 民事再生法について.All rights reserved.